hito.to\倉庫の日/@奈良井宿

長野県塩尻市江戸からの町並みを残す宿場町、奈良井宿。
その入り口近くに佇む、木材製材所だった巨大な倉庫が、hito.toの倉庫です。

毎月の終わり頃の数日間、
hito.toの倉庫を解放して大売出し!

古家具、建築古材、建具、板、什器、食器など
​日本の古いモノを中心にストック&販売します。

​\倉庫の日/開催は毎月25日周辺の数日間。

 

この倉庫は、元は木材製材所でした。
江戸時代からの街並みが残る中山道宿場町【奈良井宿】
かつては米が取れずに代わりに木製品を年貢がわりに献上した地域で、木曽の山々から木を切り出し森林鉄道で運び、この地で製材していたのだそうです。

2021年町のランドマークだった旧杉の森酒造が再生され、BYAKU Naraiとして新たな時間を刻み始めました。

この倉庫は、その際に建材の加工所兼倉庫として使われていました。
プロジェクトに関わっているぼくたちは、杉の森の片付け作業などを行い、使われていた家具や建具、解体の際に残した床板をこの倉庫に移し、それと共に倉庫を預かりました。

できるだけ古いモノを破棄せずに、必要な人の元に見送り。
販売だけでなく、地域の歴史的に重要なモノは外に流出させずに地域内で循環させる。

​販売とストックと回収の拠点として、ぼくたちはこの倉庫を運営していきます。

  


 hito.to\倉庫の日/vol.08
【梅雨 雨とアンティーク展】

6月22日(水)〜26日(日)5days

6月の梅雨の季節。
雨がシトシトと降るであろう倉庫には、3月にカナダで買付てきたアンティーク食器たちがモノクロの雨の世界を彩ります。
電気のない倉庫は薄暗くなってしまうので、モバイルバッテリーで照らせるオレンジのLEDの照明と、ゆらゆらと小さく揺らめくキャンドルの火を灯してみようと思います。
古き良き日本のプロダクトと、カナダから迎えたアンティークの西洋食器をお愉しみください♪

>>場所 長野県奈良井791(木曽の大橋前の倉庫)
>>駐車場 目の前 道の駅駐車場をご利用ください

 

 アンティーク

3月にカナダ買付旅で迎えてきたアンティーク食器たち。
イギリス製のモノ、かつて日本から世界に輸出された西洋食器を中心に、世界各地/色とりどりの食器たちが倉庫に並びます。

 

古道具・家具

日本の趣ある古道具や家具、民具など様々なモノを迎えています。

​黒々と輝く日本の手仕事を感じるプロダクトたちの壮観さを是非感じてみてくださいね。


商品運搬について

hito.toでは、倉庫で家具や建具を買いたいのに持って帰れない、、と残念がる方が多くおられます。
それであればぼくたちが運んでしまおう!!と、考えています。

まだちゃんとプランを考えれた訳ではないんだけど、物は試しにやってみようと思います!


>>詳しくはこちら